法人様向け

トトノエトトノウでは、小規模事業の法人様向けにも
・お店の整理収納トトノエサービス(整理収納アドバイス)
・役員、従業員のメンタルカウンセリング(産業カウンセラー)
・役員、従業員向け集団セミナー
などを承っております。お気軽にご相談ください。

 

商品も大事。それよりも従業員、バックヤードが大事

従業員の士気、モチベーションを上げたい会社様、商店主様
社員、パート、バイトを含む従業員のモチベーションの低さに悩んだことはありませんか?やる気がない、覇気を感じられない、メンタル不調を訴えるなど、従業員の対応に頭を悩ませる経営者様は多いのではないでしょうか?商品を磨くことはとても大事ですが、大切な従業員の士気を上げることが売上を上げることへの近道にもなります。
 
愛社精神という言葉が聞かれなくなって久しいです。お客様に「うちの商品を使っていただければお客様が幸せになる」という思いがあれば、お客様は貴社製品を利用してみたくなります。そのためには、会社の商品に自信がありますという想いが従業員から感じられなければ、お客様は遠のいてしまいます。
 
複数店舗を持っている飲食業の例です。アルバイトさんをたくさん雇っていて、売上もそこそこあります。しかし、新人バイトさんの定着率が悪いことに困っていました。バックヤードを見せていただいて納得です。店舗の清掃は業者も入るので多少キレイにはしてますが、従業員の着替え・休憩スペースの汚さと未使用調理小物や未使用食器のずさんな管理が理由なのは明らかでした。まずは未使用器具の整理を徹底して行い、その後バックヤードの掃除を当番制で設けること、そして働くことへの「目的をもってもらう」ことをお伝えしました。これはアルバイトの定着率とやる気の向上につながったようです。
 

従業員の想いは経営者に伝わってますか?

ある小さなIT企業のお話です。社長さんはとても社員のことを思っている方です。従業員と話す時間は取っているそうで、社員の子どもが成人になるまでしっかりとした基盤を作りたい、女性にも働きやすい制度を作りたい、一度自己都合で退職しても戻って来れる場所になれるといいな、そんなことを語ってくれました。しかし、よくよくお聴きすると、想いやビジョンは残念ながら社員にはおろか役員にも伝わってませんでした。従業員との話す時間は現在の状況を聞いているだけで、社員がどのような思いで仕事に取り組んでいるか、この会社でどう働いていきたいか、社長のビジョンに賛成か反対かすらも聞いたことはなかったそうです。まさに社長さんと役員・従業員の間に大きな川が流れていました。
 
従業員のココロ、経営者知らず。経営者のココロ、従業員知らず。
このような会社は多いのではないでしょうか?
 

自分が動く。動けば回る。

私は正社員、派遣社員、契約社員、個人事業主とさまざまな雇用形態を経験しました。事業請負の問題でエンドユーザーに翻弄されたこともありました。正社員時代は社員でいることの窮屈さと守られていることへの安心感、派遣社員では使われていることへの憤りと働き方への自由度、契約社員では正社員との格差と組織という仲間意識、そして個人事業主では自分らしさと責任という、それぞれの立場を味わってます。産業カウンセラーを取得したきっかけも、想いが伝わってない現場と想いを伝えてない管理職や経営者の考えをつなぐ役割がしたかったから。この資格取得後は前職(システムエンジニア)をしばらく続けていましたが、個別に相談を受けることも多くなりました。
 
現在ワタシは、整理収納アドバイザーとして個人宅や商店・事務所などの片付けのほかに、商店主や個人事業主、管理職の相談業務に携わってます。どちらも共通するのは、自分ひとりだけでなく家族や従業員のチカラがあってはじめて、片付けも仕事の悩みも解決に向かいます。
片付けの仕事も相談業務も、やり方は同じです。全て出して、要不要をわけ、優先順位をつけて収める。この原理原則から「目的を持つ→自分が動く→相手が気づく→相手も動く→回りだす」というプロセスを一緒に創りあげていくことで、従業員のモチベーションUP、売上の向上にお役立ていただけます。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP