日々の生活に追われていても片づけ方・働き方がととのう新着コラム

たくさんの荷物。軽い財布。

2019.01.15 (火)

仕事柄、モノが多いカバンの中。極力重量は減らしたいので、カバンは軽くて丈夫なモノを選ぶことが多くなり … 続きを読む»

おでかけ・旅行で「買った」「もらった」おみやげはどうしてる?

2019.01.09 (水)

おでかけや旅行で。買ったものや頂いたものは使ってますか?食べましたか? 買い物大好き。旅行に行くとつ … 続きを読む»

片付け苦手なお母さんお父さんは子どもと一緒に片付けしよう

2018.12.22 (土)

片付け苦手ママから悩みがありました。「子どもに片付けなさいといっているができない。自分が片付け苦手な … 続きを読む»

生前整理でみえたもの

2018.12.02 (日)

伯母の生前整理をしています。とはいっても伯母は施設に入っており、自分のチカラで片付けることができませ … 続きを読む»

どうしても処分できないときは理由を3個考えよう

2018.11.19 (月)

どうしても処分できないときはどうすればいいのですか?という質問を受けました。実はそういうモノは誰にで … 続きを読む»

片づけ・働き方にかかわる辛い症状に。よく聴きよく効くトトノエトトノウ。

部屋がうまく片付かない。仕事が忙しい。このままでいいの?明確な悩みがあるなしにかかわらず、「うまくいかない」「このままでいいの?」と漠然と思う人はいませんか。かたづけ苦手経験から、「なんとなく」の奥にアプローチ。日頃感じている原因の根っこをていねいに掘り下げます。お話をじっくり聴かせていただくことで、いいところも改善点も自ら気づいて考え、行動できるようなステップアップのお手伝いをご提案。「話す」「探す」「動かす」「生かす」。この4ステップを繰り返すことで、半年後のあなたの「トトノエヂカラ」が向上しますよ。

なぜ整理収納アドバイザーが部屋の片づけと働き方の悩みにこたえるの?

「整理収納アドバイザーは、おかたづけの仕事です」 知らない人には、こう説明します。でも「お部屋を片づける」だけではありません。産業カウンセラーや整理収納から「話す・聴く・片づける」ことの大切さを学びました。ハローワークでの職務経験や、起業塾講師経験で起業家の卵を多数みてきました。「話す・聴く・片づける」の考え方は、働き方の悩みにも効果的だと気づいたのです。社会人は仕事に多くの時間を費やします。それだけに悩みも大きいもの。そこで「トトノエヂカラ」をプラスして、よりよい人生を送ってみませんか?

整理収納をあなたの生活に活かすための3つのご提案

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP