プロフィール

オオタニナオコ トトノエトトノウ代表

 
福島県いわき市生まれ、千葉県市川市、東京都江戸川区育ち。
横浜暮らしを約10年ののち、現在は東京都江東区在住。
 
ひとの顔色を伺ってばかりの幼少時代。小さいことをクヨクヨと気にして考えずぎるのは現在でも変わらない。思ったことがうまく言えず、損をしたと思ったことも数知れず。そうは言いながらも普通に学生時代を過ごす。父が子供に喜んでもらおう(?)と買ってきた(もしくはもらってきた)ちょっと変わったグッズや、当時あった「王様のアイディア」という面白グッズのお店に立ち寄るのが好きだったのは、現在にも通ずるところがある。小学校・中学校(ちょっとだけ高校)でブラスバンド部に入部し、パーカッションを担当。なぜかNHK交響楽団の見学に行かせてもらえたり、強豪校でもないのになぜかパーカッションがたくさん搬入されてきた中学校で演奏できたりと、そこそこ運のいい学生時代を送る。
 
中学時代に「学校外に出られるから」という怠惰な理由で奉仕活動クラブ(現在のボランティアです)にはいり、ヒトのためになることが意外と楽しいことに気づく。この頃は片づけが本当に苦手で、タンスの中に制服や私服をほおり投げる状態で、いつも服はシワシワだった。部屋の中にモノが散乱だったことに母が業を煮やし、学校から帰ってくると散らかったモノの山を部屋の中央に作っていたという状態がよくあった。自宅で祖父の認知症の介護をしていたことから、老人福祉や障害者福祉に興味を持ち、社会福祉の専門学校に入学。ボランティアや実習に行くも、「他に何かできるのではないか?」と若さゆえの思いから、全く畑違いの小さなシステム会社へプログラマーとして入社。理数系の考えに追い付かず「プログラムを作る」事を理解するのに2年もかかる、超劣等社員時代を過ごす。「ワタシはシステムには不向き」という思いがずっとありつつも9年間在籍し、違う職種を求めて退職。このあたりから自分探しの旅が始まる。
 
リフレクソロジーの学校へ行き、卒業後仕事に就くも、半年でクビ。アロマ、カラーコーディネート、中国茶、カリグラフィーなどなど「何か他のことができるのではないか?」と可能性を求めていろいろ手を出し続ける。しばらくは専業主婦をしており、この前後から部屋の家具の配置換えにはまる。夜中にふと配置換えをしたくなり、ひとりでガタガタと大型家具を動かすことも多々あった。また収納グッズにも興味を示し、ホームセンターで便利グッズを見るのが日課となっていた。
 
旦那が会社を辞めたことから再び派遣社員でシステムエンジニアとなる。
2年の派遣社員経験ののち、知り合いの課長さんに直談判して個人事業主SEとして活動開始。ここから約4年間同じ派遣先で働くも、契約会社やエンドユーザーの業務請負条件に従うように、フリーとして2社、契約社員として1社を渡り歩く。結果、リーマンショックの影響で契約切りにあう。再び「ワタシはシステムには不向き」熱が高まり、整体の学校へ入学(現在、自主休学中)。そこで学んだ心理学に傾倒し、産業カウンセラー取得に向け、養成講座に通いだす。講座受講中に、仕事のために単身赴任していた旦那のココロの病気が発覚。資格は取得したものの、家族を助けることのできないジレンマに自らも相当悩む日々が続いた。仕事は広告代理店、ハローワークの職業相談員を経験したが、金銭的・精神的に辛い日々が続き、不向きだと思っていたシステムエンジニアに契約社員、フリーでまたもや復帰する。
 
離婚後「じぶんのチカラで仕事をしたい」「会社には縛られていないけど、時間に縛られている」「やっぱりシステムは不向き」という思いから、契約社員時代に天職塾フリーエージェントアカデミーに入学。起業のノウハウを教えていただく。ここで出てきたキーワード「収納」から整理収納アドバイザーの道を志し、整理収納アドバイザー2級認定講師に。同時に、天職塾フリーエージェントアカデミー認定講師として100人以上の起業家の卵を見守る。2016年2月にシステムエンジニアを引退し「働き方もととのえるおかたづけ屋さん」として活動中。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP